松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

学校紹介

学生サポート

学習・国家試験対策など

学生一人ひとりの学びを徹底サポート

3年間で学力を向上させ、国家試験に合格し資格を取得する。このために、本校は学生一人ひとりの学びを徹底サポートしています。

授業評価を実施し、教育の質を向上させ、学生の理解力をアップする。

定期的に学生による授業評価を実施し、学生の理解力を高めるために講義内容を吟味しています。

グループ学習を活用し、学生の理解度を深める。

学生を小グループに分けたグループ学習を活用し、教員が一人ひとりにきめ細かな指導をしつつ、学生同士が触発し合いながら理解度を深めるよう配慮しています。

担任、チューター制度で、学生一人ひとりを細やかにサポートする。

クラス担任や、小人数の学生を1人の教員が受け持つチューター制を採用していますので、学生への指導や配慮が行き届きます。

小テストや補講を実施し、学習内容の復習と学力向上を目指す。

小テストや補講を適宜実施し、学生が苦手分野を克服し学力向上が叶うよう、教員が細かな指導を実施しています。

早期の臨床体験により、臨床現場での実習をスムーズに。

実際の病院などで実施する臨床(臨地)実習では、知識や技術だけでなく、学生のコミュニケーション能力も問われます。本校では1年時より、実際の患者さんを招いた講義や見学実習などを取り入れ、学生の臨床能力がアップするよう配慮しています。

個人面談や保護者面談で不安を解消。

本校では学生の個人面談や保護者面談を積極的に実施しており、学習や生活面などの不安点が解決できるよう細心の注意を払っています。

徹底した国家試験対策で実現した高い国家試験合格率
早期の国家試験対策実施により、合格への実力をつける。

1学年より国家試験対策を実施しています。国家試験合格を目指した実践的講義や小テストを繰り返すことにより、苦手分野を克服し、合格への実力を身に付けます。

オリジナル模擬試験と過去問題の徹底分析で合格率を高める。

全国統一の模擬試験の実施は当然ですが、本校では、教員が過去の国家試験の問題を徹底的に分析したオリジナル模試も実施します。こうした積み重ねが、本校の高い国家試験合格率を支えています。

卒業で終わりではない。国家試験合格こそ本当の卒業。★国家試験再チャレンジ・フォロー・アップ制度

医療系の資格取得に際しては、卒業後に国家試験を受験しなくてはなりません。国家試験合格という最終ゴールに向けて、最後まで面倒を見るというのが本校のポリシーです。
高い国家試験合格率を誇る本校ですが、もし万一、国家試験に合格できなかった場合、学費は免除で引き続き勉学をサポートします。このために、再受験の合格率が高いのが本校の特徴です。

学生の心と体の健康をサポート

本校では随時、学校医による学生の健康相談を実施しています。血液検査などを含む詳細な健康診断は毎年実施しています。学生の健康面もしっかりサポートしますので、安心して勉学に打ち込むことができます。
また、近年は心の健康面で不安を抱える例も見受けられます。本校にはスクールカウンセラーがおり、毎週学生の相談の機会を設けています。心の健康だけでなく、日常の悩み事など安心して相談できます。
【スクールカウンセラー 石黒 香里先生】

奨学金・修学資金

(1)日本学生支援機構

独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度への申し込みができます。
入学時に申し込む定期採用は、学校が推薦できる人数枠が設定されています。この奨学金には返還義務があります。

○奨学金の種類
第一種奨学金:特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な人が対象。
月額/【自宅通学】53,000円 もしくは 30,000円(無利子)
   【自宅外通学】60,000円 もしくは 30,000円(無利子)
第二種奨学金:第一種奨学金より緩やかな基準によって選考されます。
月額/3・5・8・10・12万円から選択(有利子)
入学時特別増額貸与奨学金:日本政策金融公庫による国の教育ローンを申し込み、利用できなかった人を対象とします。入学時特別増額貸与奨学金のみの申し込みはできません。
金額/10・20・30・40・50万円から選択(有利子)
○高校在学中の事前申し込みを活用しましょう
日本学生支援機構の奨学金は、高校在学中に事前申し込みができます。3年次に高等学校で開催される説明会に参加して、申し込んでください。説明会の開催時期は高等学校ごとに異なりますので、詳しくは担任の先生に聞いてみましょう。事前に申し込んで奨学生採用候補者となると、入学後は簡単な手続きで奨学生となれます。事前に奨学金がもらえるかどうか分かるので安心です。

【日本学生支援機構の奨学金制度について:詳しくはこちら

(2)松江市ふるさと奨学金
優れた素質と向学心を持ちながら、経済的な理由により就学が困難な学生を対象とした、奨学金の貸与制度。
○月額
47,000円(無利子)
○返還
1年据え置き。貸与期間の3倍の期間
○返還免除規定
奨学金を返還すべき年度の前年度に松江市に居住し続けていた場合、その返還すべき年度の返還金が半額免除されます。
(3)学校法人澤田学園 奨学金
○月額
40,000円(無利子、年度ごと最大10名)
○出願資格
1.松江総合医療専門学校に在学する者
2.経済的な理由により学費の支払いが困難な者
3.人物良好で学業成績が良好な者
4.他の奨学金(修学資金を含む)の貸与を受けられなかった者
○貸与期間
最短修業年限の最終月まで
○返還
返還開始は貸与期間の終了後より1年を経過した時。返還期間は貸与期間の3倍の期間。年賦(4月:年間160,000円)もしくは半年賦(4月、10月:1回80,000円)から選択する均等返還 ※繰り上げ返還は可能
(4)しましん医療技術者養成奨学金制度(給付型)
○給付額
200,000円(年度ごと5名以内)
○出願資格
1.勉学の意欲を持ち、成績、人物ともに優秀な新入生であること
2.経済的に修学が困難であると認められ、将来成業の見込みがあること
3.卒業後、島根県内の医療関係施設に勤務する意思のある学生であること
(5)島根県看護学生修学資金

看護学科対象。卒業後、島根県内の医療機関等で一定期間働くと免除規定があります。

◯月額
6,000円(無利子)
(6)鳥取県看護職員修学資金

看護学科対象。卒業後、鳥取県内の医療機関等で一定期間働くと免除規定があります。

◯月額
36,000円(無利子)
(7)鳥取県理学療法士等修学資金

理学療法士科、作業療法士科対象。卒業後、鳥取県内の医療機関等で一定期間働くと免除規定があります。

◯月額
36,000円(無利子)
(8)その他の奨学金・修学資金

島根県育英会、あしなが育英会、交通遺児育英会の他に、各自治体や病院等が独自に設けている奨学金・修学資金があります。学校にて詳しい資料を用意しておりますので、お問い合わせください。
資料請求はこちら

(9)融資制度(教育ローン)

まとまった額の学資が必要な場合には、教育ローンが利用できます。

(10)日本政策金融公庫

国の教育ローンです。350万円を限度とし、有利子です。

(11)専門実践教育訓練給付金

社会人を対象とした給付金制度です。【詳しくはこちら

普通自動車運転免許取得補助制度

本校の指定教習所(島根自動車学校、安来自動車学校、鳥取県東部自動車学校)で、免許を取得する場合、本人負担額は125,000円となります(ただし、補習料、テキスト代等は別途必要です)

学生会館・しんじ湖寮

松江市中心部に近い松江イングリッシュガーデンの西隣に位置します。
学生寮を備えた多目的会館で、学生寮の個室には、ベッド、机、椅子、エアコン、バス、トイレ、ミニキッチン、冷蔵庫等を完備しています。
管理栄養士のもとカロリー計算も考えられた、おいしい朝食、夕食がついていますよ。インターネットも接続可能です。

所在地 島根県松江市西浜佐陀町1350-1
電話番号 TEL:0852-36-4311
交通 一畑電車「松江イングリッシュガーデン前」駅
通学 一畑電車「津ノ森」駅下車、徒歩10分(車で学生寮から学校まで約15分)
経費 家賃 35,000円 、食費(朝・夕食) 24,000円、共益費 5,000円
月額合計 64,000円
※別途、光熱費など実費をご負担いただきます。

アパート紹介

アパート入居希望の入学生については、本校が提携している不動産会社より、環境や賃貸料の希望を考慮した物件を紹介しています。

自動車通学

原則として、公共交通機関を利用して通学してください。入学前の新学期通知にて、一畑電車や、各種路線バスなどの通学定期の購入についてお知らせします。もし、公共交通機関を利用しての通学に不便がある場合は、学生用駐車場を設置していますので、入学時に許可申請をすれば自家用車通学も可能です。

スクールバス

授業のある平日について、JR松江駅~学校間の直通スクールバスを運行しています(朝・夕各1回が原則)。
一畑電車津ノ森駅~学校間のスクールバスもあります。

レクリエーション設備

体育館にはバスケットコートがあり、広いグラウンドを利用してサッカーなどができるよう、各種用具の貸出しを行います。仲間との語らいには、校内に配置されたベンチや学生食堂をご利用ください。

学生自治会

本校は学生の自主的活動を助成するために学生自治会を設けています。各クラスごとの自治委員を中心として、 学園祭などを学生自身が企画します。