松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度

看護学科が、専門実践教育訓練給付金の対象講座となります

専門実践教育訓練給付金とは、働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)がハローワークから支給されます。
本校の看護学科が、2018年7月31日付けで、この専門実践教育訓練の講座として厚生労働大臣より指定されました(指定期間:2018年10月1日~2021年9月30日)。2019年度入学生より2021年度入学生までこの制度が適用されます。

給付金の受給を申請できる方

雇用保険の支給要件期間など
申請するには細かな要件がありますので、詳しくは最寄りのハローワークにお問い合わせ下さい。

給付金の額

訓練費用の50%(年間40万円を上限とし、最長3年間まで)が給付(a)されます。
専門実践教育訓練を修了し、修了から1年以内に就職に繋がった場合は、訓練費用の20%を追加給付(b)されます。
(a)(b)の合計は、教育訓練経費の70%(年額56万円、最大168万円)が上限です。

看護学科の例

必要な学費:入学金20万円、年間学費100万円、教科書代金等
※教育訓練対象経費年額約80万円(初年度は入学金を加算)
年間給付額:年間40万円
※追加給付分年額16万円
支給期間:3年

給付金の申請先

専門実践教育訓練給付金の申請先はハローワークです。制度の詳細についてのお問い合わせもハローワークへお願いします。