松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

学科紹介

作業療法士科

人の暮らしに寄り添い、心と身体の回復と改善をサポート。 3年制(昼間部)/40名(男女)
高等学校卒業者以上
WFOT(世界作業療法士連盟)認可

学科概要

作業療法士の仕事

「作業」には人間の生活の「仕事」や「日常生活」はもちろん、「趣味や遊び」、「創造活動」など人が人として生きて行くのに必要なあらゆる活動が含まれます。病状、性別、年齢など、患者さま一人ひとりに必要な作業を正確に分析し、補助となる道具を使いながら訓練することで、家庭復帰、社会復帰へ導きます。その人らしい生活を、患者さまが主体的に行えるよう、作業訓練の中に創作活動、レクリエーション等を組み入れたり、作業を行いやすくする道具を作ることも作業療法士の仕事です。

作業療法士科の特長
Point
  • 3年制の効率的な学習が可能であり、4年制の学校に比べいち早く臨床現場に出て、キャリアを積むことができる優位性があります。
  • 1年次より国家試験を意識した授業を展開し、早期より対策を行うことで、高い合格率を誇っています。
作業を通して心と体のリハビリテーション

写真1

作業療法とは“こころ”と“からだ”のリハビリ作業療法治療学テーションです。
作業療法士は、子どもからお年寄りまで、体や心に障害のある人すべてにかかわりを持ちます。そして、患者様自身がその人らしい生活や社会生活適応能力を獲得することを目指します。
具体的には、陶芸や木工、手芸、園芸などの作業を通して、患者様の機能回復を図ります。目や手など作業活動から得られる刺激に加え、患者様同士や作業療法士との触れ合いによって機能回復や日常生活活動への順応、社会への参加を促します。
急性期、回復期、維持期と、障害の程度、年齢、個性など、それぞれ患者様によって違います。3年間の授業や実習などを通して、どんなケースにも対応できる力、考察力、応用力、実行力を養います。

きめ細やかなフォロー体制

写真2

作業療法士の活躍の場は年々広がっています。医療現場から始まった作業療法ですが、今や福祉施設、保健所や自治体などの行政機関、企業、教育機関など多岐にわたります。
本校も病院はもとより福祉施設などに多くの卒業生を輩出しています。就職率は例年100%。求人数も毎年400件を超えています。個別相談や模擬面接などマンツーマン指導を行い、学生の希望に添った就職先が見つかるようフォローします。
1年次より国家試験を意識した授業を展開し、3学年の後半からは国家試験対策を中心に難関突破に向けて万全を期します。

本学科の特色
しっかりと知識の土台を固め、即戦力となる学生を育てます

写真3

本学科では、法定単位数93単位を上回る136単位を設定し、作業療法士として必要な知識や技術がしっかりと身に付くよう充実した教育を行っています。特に、専門分野においては、基礎作業学、作業療法評価学といった基礎を形づくる科目の時間を増やし、知識の土台を固めています。また、臨床実習を始めとする実践中心の学習により、卒業して臨床現場に出てから即戦力となる教育を行っています。

専門の講師陣による質の高い授業を実現しています

一般教養科目からなる基礎分野においては、島根大学の教授を中心とする専門の講師を迎え、解剖学や生理学といった専門基礎分野の科目は、島根大学医学部や鳥取大学医学部、松江市立病院などの医療や教育の第一線の現場で活躍する専門の医師に、講義に来て頂いています。作業療法に関する専門知識を習得する専門分野の科目は、臨床経験豊かな専任教員を中心に担当し、専門性の高い分野については臨床現場から講師を招き、学生の臨床力が高まるよう配慮しています。

授業評価を行い、効果的な授業の実施と学力向上に取り組んでいます

学期の中間と講義の終了時に、学生による授業評価を実施しています。これに基づいて授業の実施方法に絶えず工夫を加えることで、学生の理解を深める効果的授業の実施に取り組んでいます。また、定期試験前にはクラス全体で試験対策に取り組み、学力の向上を図っています。

体験や見学を通じて、専門科目の理解を深めます

作業療法セミナーでは保育体験学習や病院見学を取り入れ、臨床現場に接することで専門教育の理解が深まるよう工夫をしています。また、臨床実習の前には近隣の施設で、専任教員の指導のもとに実習に近い形での学習を実施して、臨床実習に備えています。

学生の希望や能力を考慮した実習配置を実現しています

臨床実習に際しては、学生の希望や能力を十分に配慮し、実習施設の求める学生の学習到達度などの水準とのバランスを考慮しながら実習先へ配置しています。また、学生の実習が実り多きものとなるよう、受け入れ施設の実習指導者とは密接な連携を図っています。

同じ目標に向かって、学生が協力し合う環境を用意しています

同じ目標に向かって学生が協力し合うことができるよう、年度の初めには宿泊研修を、また学年を超えた学生交流の場としてスポーツ大会や食事会を行っています。

社会性や人間性を高める教育を重視し、学生をサポートしています

写真4

各クラスに担任と副担任を置き、ホームルームやクラス行事、学科行事を活用して学生指導を行っています。更に、学生の個人面談や保護者面談を実施し、学生一人ひとりに対する継続的な指導を行い、学習に留まらず生活面など細やかにサポートしています。また、学習面においてはグループ学習を多用し、学生同士が協力しあい互いを高め合っていくことを重視しています。このような学生サポートの中で社会性や人間性を高め、学生が大きく成長し、卒業後、臨床現場で即戦力となれるよう教育に力を注いでいます。

取得資格