松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

学科紹介

理学療法士科

身体の機能回復と改善をサポート。 3年制(昼間部)/40名(男女)
高等学校卒業者以上

学生・卒業生の声

学生の声
大福洸平さん(理学療法士科2年)
理学療法士科 2年
大福 洸平 さん
(松江商業高校出身→社会人)
Q 理学療法士を目指して松江総合医療専門学校を選んだのはなぜ?
デイサービスで働いていた時、利用者が自宅で転倒し骨折されました。理学療法士のリハビリで回復されたことから仕事のすごさを実感し、自宅通学できて信頼のある本校への入学を決めました。
Q 理学療法士科はどんな感じ?
いろんな年代の学生がいて互いに教え合う環境があり、再び学生になった不安はなくなりました。先生も接しやすく、いつでも質問できる雰囲気があります。
Q 学生生活の楽しみは?
自ら選んだ道なので、高校時代より勉強が楽しいです。友達との昼食や、1日の授業を終えて車を走らせながら音楽を聴く時間がリフレッシュになっています。
Q 学費はどうしてる?
社会人時代の蓄えと親の援助に加え、教育ローンを活用しています。アルバイトをする余裕もあるので、ある程度の収入も確保しています。
小川真歩さん(理学療法士科2年)
理学療法士科 2年
小川 真歩 さん
(松江商業高校出身)
Q 理学療法士を目指して!松江総合医療専門学校を選んだのはなぜ?
人を助ける仕事に就きたかったので、高校時代のけがの経験から理学療法士を知って興味を持ちました。本校のオープンキャンパスで理学療法士科の授業体験が楽しく、入学を決めました。
Q 理学療法士科はどんな感じ?
勉強は大変ですが、必ず資格を取りたいので頑張れます。先生はフレンドリーで親しみやすく、また社会人になった時を考えて必要な礼儀もしっかり指導してもらえます。
Q 学生生活の楽しみは?
体育の授業やレクリエーションが気分転換になります。体を動かしてストレスを発散します。また高校まで続けたバスケも今は社会人チームに入って継続できています。
Q どんな理学療法士になりたい?
患者さまの体だけでなく、心もケアできる理学療法士を目指します!
岡田陸さん(理学療法士科2年)
理学療法士科 2年
岡田 陸 さん
(鳥取中央育英高校出身)
Q 理学療法士を目指して!松江総合医療専門学校を選んだのはなぜ?
高校まで野球部で、リハビリや体づくりの指導を受けて理学療法士の仕事は知っていました。男性も活躍できる職種で資格を取って、早く社会人になりたくて、3年制の本校を選びました。
Q 理学療法士科はどんな感じ?
先生は優しくて面白く、指導も丁寧。専門性の高い外部講師の授業もしっかりフォローしてくれます。
Q 学生生活の楽しみは?
勉強以外に困ることはなく(笑)、休憩時間は友達と野球ができるし、テスト期間以外は休日ものんびりでき、アルバイトもしています。
Q どんな理学療法士になりたい?
僕自信、リハビリのおかげでけがから回復し、野球が再びできた時はとても嬉しかった経験があります。つらさも分かるので、同じように喜びを感じてもらえるようにサポートしたいです。
竹下瑞希さん(理学療法士科2年)
理学療法士科 2年
竹下 瑞希 さん
(出雲農林高校出身)
Q 理学療法士を目指して!松江総合医療専門学校を選んだのはなぜ?
中学時代、けがで理学療法士のリハビリを受け、優しい人柄とリハビリの仕事に興味を持ちました。オープンキャンパスの学科体験で先生と先輩の和気あいあいとした雰囲気が魅力的で、授業料の負担も他校より少ない本校を選びました。
Q 理学療法士科はどんな感じ?
勉強は覚えることが多いので大変ですが、定期試験で絶対に合格したいので頑張っています。先生とは話しやすく、クラスはにぎやかで、「勉強も一緒に頑張ろうよ」という雰囲気があります。
Q 学生生活の楽しみは?
クラスのみんなが仲が良く、友達と一緒に過ごす時間が楽しいです。
Q どんな理学療法士になりたい?
人と接するのは苦手ではありませんが、コミュニケーションをとってうまく関係を築けるようになり、頼られる理学療法士になりたいです。
卒業生の声
福島卓(卒業生)
福島 卓 さん
臨床は新鮮。学校で得た知識を土台に“引き出し”が増えていく。

回復期の入院患者や療養病棟、外来のリハビリテーションを担当しています。日々新しい発見のある臨床は新鮮で、学校で得た知識や技術を土台に、自分の“引き出し”つまり実践力が増していることが実感できます。

  • ■勤務地/大山リハビリテーション病院
  • ■資格/理学療法士
  • ■卒業/平成26年3月
  • ■出身/松江市