松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

学科紹介

理学療法士科

身体の機能回復と改善をサポート。 3年制(昼間部)/40名(男女)
高等学校卒業者以上

学生・卒業生の声

学生の声
2年生 江角 築さん サッカーをしていた高校時代、けがをして治療院に通いました。
担当の理学療法士の方が知識豊富で、あこがれたのがこの仕事を選んだ理由です。
夢は、スポーツ選手をサポートできる理学療法士。
この学校には、実際に選手指導をしている先生がいるので勉強になります!
2年生 鳥羽 零さん 先生の教え方が分かりやすく、授業が楽しい!
体育では準備運動のメニューを考えたりして、自分のレベルが上がったな、と感じます。
病院見学では、患者さんとのコミュニケーションを体験。
体と気持ちに寄り添うことの大切さを学びました。
2年生 中倉未奈美さん この学校を選んだ理由は「通学しやすい」と「3年制だから」。
4年制の学校より1年早くあこがれの仕事に就けるのが魅力です。
将来は理学療法で「治す」だけでなく、病気やけがを「予防する」お手伝いをすること。 信頼される理学療法士を目指します!
卒業生の声
島根県立中央病院
理学療法士 原 康祐さん(平成29年度卒)
骨折や脳血管疾患などの患者さんに対し、早い方では手術の翌日から、リスク管理をした上でリハビリテーションを始めています。大切にしているのは、不安を抱える患者さんとの信頼関係を築くこと。医療現場では学校での勉強以外に学ぶことが多く、いち早く働き始められる3年制の学校を選んだメリットを実感しています。
松江生協病院
理学療法士 梅村大輝さん(平成29年度卒)
理学療法士は、患者さんの最も身近にいて回復のサポートができるのがいいところ。仕事ではけがや病気の回復期にある患者さんに対し、症状や退院後の住まいの環境、家族構成などを考慮して、1人1人にあったリハビリを提供しています。「リハビリのおかげでできるようになったよ」と言ってもらえると、この仕事を選んで良かったと感じます。