学校紹介

本校の特徴

松江総合医療専門学校は、こんな学校です!

脱落者ゼロ宣言、就職率100%、奨学金の充実、通学が便利・快適

脱落者ゼロ宣言

医療を志す学生を、一人の脱落者もなく社会へ送り出すことを宣言します。
そのために、開学から18年間で培ったノウハウを生かし、1学年から国家試験に向けた教育に取り組んでいます。具体的には、模擬試験や小テストを繰り返し行い、「なぜ間違えたか」「なぜこの答えが正しいのか」という確認に重点を置いて知識の定着と苦手分野の克服を図っています。チューター制や担任制を導入して教員から密にコミュニケーションを図り、個々の学習到達度や適正を把握しながら、きめ細やかに指導しています。
また、学生同士が絆を深めるグループワークや校内活動も数多く導入。仲間と支え合う充実したキャンパスライフが、学習への意欲を高めます。

就職率100%

1,700人以上の卒業生が島根県・鳥取県の主要な医療機関等に巣立ち、その誠実な仕事ぶりが本校への信頼を高めています。そのため、本校へは毎年数多くの求人が寄せられ、求人倍率は看護学科6.8倍、理学療法士科12.2倍、作業療法士科16.0倍(平成28年度)。学生を確実に就職へと導き、就職率は100%を誇ります。

奨学金の充実

本校には、独自の「学校法人 澤田学園奨学金」と「しましん医療技術者養成奨学金制度(給付型)」があります。松江市ふるさと奨学金、日本学生支援機構、育英会等の奨学金も利用でき、授業料への不安を軽減して学業へ打ち込める環境を整えています。入学後に奨学金説明会を開催しているほか、オープンキャンパスでも修学資金についてご説明する場を設けています。
また、本校の看護学科は厚生労働大臣より「専門実践的教育訓練給付金」の対象講座に指定されており、教育訓練費の一定額をハローワークから受給することができます。

通学が便利、快適

通学には、JR松江駅と一畑電車津ノ森駅からそれぞれ運行するスクールバスが便利です。キャンパスにはマイカーで通学する学生用に約350台分の無料駐車場を完備。運転免許取得には学校独自の補助制度(料金割引)があり、自動車学校の送迎車を本校から利用できます。また遠方からの入学生は、学生寮の利用が可能です。

求められる医療人に。

錦織優学校長

学校長
錦織 優

少子高齢化社会を迎え、将来にわたって社会保障制度が適切に機能するためには、医療・介護サービスを担う人材の確保と定着、質の向上が不可欠です。本校でも昨年度より看護学科の募集定員を40名から60名に増員しましたのも、社会のニーズを受け止めてのことです。また今後は、卒後教育の面でも地域の医療・福祉の充実に貢献する決意を新たにしております。
本校では2名の医師を含む経験豊富な約40名の専任教員と、160名の外部講師が人間性豊かな医療従事者の養成に努めています。講義だけでなく病院や施設での臨床実習に早くから取り組みながら、国家試験対策を行っています。
私どもの使命は学生一人一人が自らの意志で目標に向かって走るのを、あらゆる面からサポートしていくことだと思っています。松江市大野地区という勉学に集中できる静かな環境で、ぜひ一緒に夢の実現を目指しましょう。

地域医療・福祉を支える人材に。

松江市長松浦正敬

松江市長
松浦 正敬

日本全体で加速度的に人口減少・少子高齢化が進展する中、松江市では「松江市まち・ひと・しごと創生第1次総合戦略」を平成27年に策定し、「ひと」や「まち」という貴重な地域の財産を活かし、官民が共に考え行動する「共創」の精神で、人口減少という大きな問題に挑戦しております。
なかでも、高齢者が住み慣れた地域で安心して自分らしい暮らしを続けていくためには、地域包括ケアシステムの構築、特に在宅医療の充実が重要です。今後、専門的な技術を持つ看護師、理学療法士、作業療法士等の医療福祉人材、とりわけ認知症の知識や技術を備えた認定看護師は、医療機関をはじめ、介護や看護の場面でも必要であり、これまで以上にその存在が重要視されるものと考えます。
松江総合医療専門学校の学生の皆さんには、豊かな自然と歴史、文化に恵まれたこの松江の地で、様々な体験を積まれ、研鑽に努められて、将来は豊富な専門知識と思いやりの心を備えた、地域医療・地域福祉の担い手として存分に活躍されますよう期待しております。

学校紹介

ページの先頭へ
松江総合医療専門学校
〒690-0265 島根県松江市上大野町2081-4
フリーダイヤル:0120-294-270/TEL:0852-88-3131/FAX:0852-88-3322
Copyright © Matsue Co-Medical College, All Rights Reserved.