学科紹介

作業療法士科

創作活動やレクリエーションを取り入れて、体と心のリハビリテーション。社会性や人間性を高める教育を重視して3年制の効率的な学習で、いち早く臨床現場へ導きます。 3年制(昼間部)/30名(男女)
高等学校卒業者以上
WFOT(世界作業療法士連盟)認可

学生・卒業生の声

学生の声
Q.クラスの雰囲気は? 最初は不安でしたが、今ではとても居心地がいい環境です。授業で分からない問題もクラスメイトに相談することも多いですし、先生も優しく教えてくれます。授業のあいまに友達とのおしゃべりが楽しみなくらい雰囲気がすごくいいです。
Q.どうして松江医専を選んだの? 生まれ育った松江が好きで、地元で就職を目指していたからです。オープンキャンパスに参加してみたら、先生や先輩方の楽しそうに学んでいる姿を見て、入学を決めました。
Q.キャンパスライフはどんな感じ? 駐車場が広くて利用できるので、車で通学することも可能です。友達はスクールバスを利用していて、どちらでも快適に通学ができます。学校では、クラスメイトや先輩方とも関わる機会が多いので、楽しく学校生活を送れています。
Q.作業療法士の勉強は難しい? 勉強が苦手な私でも頑張れるのは、クラスメイトや先生方がいてくださるからです。授業で病院見学に行った際に、現場で明るく働いている作業療法士の方を見て、もっと勉強を頑張ろうと目標ができました。
Q.将来はどんな作業療法士になりたい? 患者さんの気持ちは一番に考えてあげられる作業療法士になりたいです。作業療法士を目指すには、発達や精神分野も勉強が必要なので、ケガや病気をされた後に体だけでなく、心のケアも考える仕事だと思っています。
卒業生の声
松江市立病院
佐藤佑一さん[平成17年度卒]
ケガや病気などの発症から間もない患者さんなどを担当しています。
在学中は、臨床実習中に患者さんと実際に接することで、作業療法士の魅力が理解でき、座学では学べなかった、治してあげたいという気持ちが芽生えました。
錦海リハビリテーション病院
三島将太[平成18年度卒]
看護師だった母の薦めもあって、この道に入りましたが、今では天職のように感じています。社会生活への復帰を目指す患者さんなので、リハビリの用具は、訪問した家庭にある日用品で代用するように努めています。

作業療法士科

ページの先頭へ
松江総合医療専門学校
〒690-0265 島根県松江市上大野町2081-4
フリーダイヤル:0120-294-270/TEL:0852-88-3131/FAX:0852-88-3322
Copyright © Matsue Co-Medical College, All Rights Reserved.