学科紹介

理学療法士科

身体の機能回復と改善をサポート。 3年制(昼間部)/40名(男女)
高等学校卒業者以上

学科概要

理学療法士の仕事

身体に障害のある患者さまに対して、起き上がり、座位確保、立ち上がり、歩行などの基本動作の獲得を目的に、運動療法や物理療法を行い、日常生活の自立を目指すのが理学療法士の仕事です。効果的なリハビリテーションを行うために、骨や筋肉に関しては医師と同等の専門的知識を必要とし、解剖学や運動学も合わせて学びます。高齢者、脳血管障害、心疾患、呼吸器疾患、整形疾患など対象は幅広く、病院だけでなく福祉の現場や教育機関、またスポーツの世界でもニーズが高まり、活躍の場が広がっています。

理学療法士科の特長
Point
  • 医療や教育の第一線の現場で活躍する専門家を迎え、専門性の高い教育を実現。
  • 学びの充実した3年制の理学療法士養成施設です。
  • 地域との強い繋がりにより山陰の医療機関や施設と連携した臨床での体験を1年次から実施。
  • 早期から現場を知ることで職業理解を深め、より現場に即した実践力を磨くことができます。
高度な医療技術を習得
写真1

理学療法士科は、3年間で理学療法士の国家試験受験資格を取得できるのが特色です。専門性の高い知識・技術を身に付けて卒業した学生は、病院や診療所などの医療機関、老人保健施設、デイケアセンター、リハビリテーション施設、行政・教育機関などに就職しています。病院医療や在宅医療の現場で思いやりの心を持った専門スタッフとして、体に障害を抱える人たちの機能回復・リハビリテーション業務などにあたっていて、最近は高齢化時代で問題になっている生活習慣病の予防などでも活躍の分野が広がっています。
教員の徹底した学習指導と実習を通じた高度な医療技術が習得できることもあり、本学科の国家試験合格率は例年全国平均を大きく上回っています。就職率は例年100%を誇ります。

授業の合い言葉は5つのH
写真2

理学療法士科の授業での大事な合言葉は「知聴診の実習識・技術・心・人間性・協調性」の5つのH。つまり知識は頭(Head)で考えること、治療は手(Hand)を使っての技術、心(Heart)は患者様の思いを理解する思いやりの心、人間性(Humanity)は学習に取り組む姿勢、協調性(Harmony)はチーム医療の推進です。理学療法士科では、この5つのHを3年間の学校生活の中でしっかり養います。
学生たちは1、2学年で一般教養のほか、体の仕組みや病気のメカニズムなどの基礎知識、筋力を増強するための運動療法や熱・電気を使う物理療法といった専門分野を学びます。2学年後期には病院・施設などでの実習が加わり、3学年になると病院や施設で10週間の実習を2回行って、現場で体験を重ねながら実践感覚を養い、より高度な専門知識を身に付けていきます。

本学科の特色
法定単位を超える充実した授業を実施します
写真3

理学療法士養成校のカリキュラム(教育課程)を定めた法律「理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則」では、修業年数3年以上、修得単位数93単位以上とされています。本学科はそれを上回る131単位を設定し、充実したカリキュラムの下に教育を受けられるのが特色となっています。単位数を時間換算すると2,850時間であり、高等学校時と同程度となっていますので無理なく学習できます。


専門の講師陣による質の高い授業を実現しています

法律では、理学療法士の養成にあたっては、理学療法士の教員が全ての科目(一般教養、基礎医学、専門科目)を教えることが可能となっています。しかし本校では、より専門性の高い授業内容を目的とし、その分野の専門の先生方に講義をして頂いています。例えば、心理学、物理学といった基礎分野の講師は島根大学の教授など、大学での講義を受け持っておられる先生です。医学について学ぶ専門基礎分野の科目においては、島根大学医学部、鳥取大学医学部、松江市立病院など医療や教育の第一線の現場で活躍する専門の医師に、講義に来て頂いています。
そして、理学療法に関する専門知識を修得する専門分野の科目は、豊富な経験年数(法律では5年以上となっており、もちろん本学科はこれをクリアしています)を持つ専任教員が担当し、さらに専門性の高い知識が必要となる義肢・装具などの科目は、専門家にお願いしています。また、授業評価も実施し、学生の理解度を深める取り組みも行っています。

高校新卒者や社会人など様々な学生が集い、人間性を高めることができます

様々な年代の学生が集まっており、高校新卒の学生は社会人経験のある学生との交流のなかで礼儀作法や一般常識、コミュニケーションの取り方などを、専任教員の指導と相まって自然と身に付けることができます。また生活感や考え方が異なる学生同士の交流のなかで、幅広い考え方を知り自分を磨くことができる特徴があります。

早期の臨床体験により、現場での実践力を身につけます

病院などでの臨床実習の前に、1学年時に病院見学、2学年時には福祉施設での見学や体験実習、その他ボランティアへの参加等を行い、早い時期から理学療法士の役割や業務を理解し、学習意欲の向上とコミュニケーション能力の確立を目指しています。また、2学年後期には、身体に障害のある方を講師として招いて話を聞き、実際に検査・測定を行い、寝返りや起き上がり、歩行等の訓練を練習させていただきます。これにより、学生として求められる言動や配慮事項を実際に学ぶことができ、学生は自身の弱点を認識することができます。こうした実習前の取り組みが、実際に臨床現場に出て行う臨床実習に役立つのです。

地元の臨床実習を多く確保することで、経済的、精神的負担を和らげます

臨床実習の期間中に10週間の実習を2回行います。地元に多くの実習施設を持つ本学科では、その内の1回は自宅やアパートから通える施設として学生の経済的、精神的負担を軽減しています。さらに、実習先の指導者と専任教員が密な連携をとり学生をサポートすることで、学生の長所を伸ばしていく臨床実習ができるよう配慮しています。

担任を置き、きめ細かな助言や面談で学生をサポートしています

クラスには担任と副担任を置き、細やかな学生指導を行っています。学生一人ひとりにカルテ(指導記録)をつけ、また学生や家族を含めた面談を実施し、心身両面からの指導を心がけています。こうした手厚い学生サポートは、教育の質の高さと相まって学生の質を高め、就職先から高い評価を頂いています。

3Hから5Hへの学生指導
写真4

これまで教育理念として3H『頭で考えること(知識/Head)、手を使う(技術/Hand)、相手を思いやる気持ちや労わりの気持ち(心/Heart)』を中心に取り組んできましたが、今後、学習に取り組む姿勢や向上心・自主性(人間性/Humanity)、チーム医療の推進(協調性/Harmony)も必要と考え5Hとして取り組んで行きます。
本学科では、こうした医療技術者に求められる心と知識、そして技術を養う教育に取り組んでいます。

取得資格

理学療法士科

ページの先頭へ
松江総合医療専門学校
〒690-0265 島根県松江市上大野町2081-4
フリーダイヤル:0120-294-270/TEL:0852-88-3131/FAX:0852-88-3322
Copyright © Matsue Co-Medical College, All Rights Reserved.