学校便り

学校便り

2017年05月12日
平成29年度オープンキャンパスが始まりました!

看護学科2年生と一緒に、参加者にベッドメークを体験してもらいました
看護学科2年生と一緒に、参加者にベッドメークを体験してもらいました
理学療法士科では、参加者にストレッチの効果を体験してもらいました
理学療法士科では、参加者にストレッチの効果を体験してもらいました
作業療法士科はプラバン作りに挑戦。楽しむことがリハビリになります
作業療法士科はプラバン作りに挑戦。楽しむことがリハビリになります
オープンキャンパス特製ランチ
オープンキャンパス特製ランチ

平成29年度の第1回オープンキャンパスを、5月7日に開催しました。さわやかな晴天にも恵まれ、ゴールデンウイークの最終日に多くの方にお出かけいただきました。
それでは早速、オープンキャンパスの様子をご紹介します。

看護学科は、ベッドメーキングを体験してもらいました。
患者さんが身動きしてもシーツがよれないように、縫い目が患者さんに当たって不快な思いをされないように、清潔なシーツで心地よく過ごしてもらえるように、とさまざまな配慮をしながらベッドを整えます。本校の看護学科生が、最初の段階で身につける技術の一つで、この日は1~2年生が参加者に手ほどきしました。

次は理学療法士科です。
ストレッチによる運動療法、さまざまな車いすの紹介など、盛りだくさんの内容でした。ストレッチの体験では、ストレッチの前後で参加者の方に前屈をしてもらったのですが、ストレッチ後はあら不思議!みなさん体がよく曲がるようになるんです。この秘密を知りたい方は、ぜひオープンキャンパスへお越しください。

作業療法士科では、工作を取り入れた作業療法体験を行いました。
プラスチック板に絵を描いて加熱すると、縮んで固まる「プラバン」づくりに挑戦しました。何を描こうかな、キレイに仕上がるかな、と楽しんでいる間に、物事に集中したり、人とコミュニケーションをとったり、手先を使ったり、さまざまな機能の改善に向けた訓練ができるのが作業療法の魅力です。今後は、作業療法士科のブログでオープンキャンパスの内容を予告していきますのでご覧くださいね。

学科体験のあとは学食体験。学生食堂のキッチンで作る出来たてのランチが味わえるのは、本校の自慢の一つ。今回は炊き込みご飯のおにぎり、卵サラダのロールパンサンド、唐揚げ、サラダ、ゼリー等々盛りだくさんのオープンキャンパス特製ランチを味わっていただきました。ランチタイムは参加者と学生、教員が一緒にいただきます。学科体験では聞けなかった学校生活のリアルな話ができる機会になっているんですよ。

次回開催は5月20日(土)。送迎バスも運行していますので、ぜひ皆さまお越しくださいませ。

ページの先頭へ
松江総合医療専門学校
〒690-0265 島根県松江市上大野町2081-4
フリーダイヤル:0120-294-270/TEL:0852-88-3131/FAX:0852-88-3322
Copyright © Matsue Co-Medical College, All Rights Reserved.