松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

学校便り

平成29年度入学式を行いました

2017年04月07日



松江総合医療専門学校の平成29年度入学式を4月5日、松江市のプラバホールで行いました。開会前は、毎年恒例のパイプオルガン生演奏をお楽しみいただきました。

そして入学式。新入生は、看護学科65名、理学療法士科31名、作業療法士科27名の123名です。表情に希望と緊張を漂わせながらも、医療を志し第一歩を踏み出した凛とした姿が印象的でした。

入学生代表は「仲間とともに学ぶ喜びを分かち合い、励まし合って成長したい」と宣誓。在校生は「お互いを思いやり、支え合う関係を大切に。私たち在校生も同じ夢を持っている。ともに成長していきましょう」と歓迎しました。

澤田勝寛理事長は「医療は3つの『不』を取る仕事。不安を安心に、不快を快適にすることで、患者さんに不満なく満足していただける。また『石の上にも三年』という言葉があるように、3年の課程をしっかり学び、皆さんの選んだ人生が間違いなかったといえるように頑張ってほしい」と激励。松浦正敬松江市長をはじめとした来賓の皆さまからも期待と歓迎の言葉を頂戴し、医療の仕事の尊さを新入生・在校生ともあらためて感じました。ありがとうございました。
 
学校ではオリエンテーションや学科間交流などを経て、いよいよ授業が本格化します。全員が夢を実現できるよう、教職員一同でしっかりサポートいたします!