松江総合医療専門学校

閉じるメニュー

学校便り

入学予定者のプレカレッジを行いました

2016年02月23日


看護学科
看護学科

看護学科
看護学科

理学療法士科
理学療法士科

理学療法士科
理学療法士科

作業療法士科
作業療法士科

作業療法士科
作業療法士科

言語聴覚士科
言語聴覚士科

言語聴覚士科
言語聴覚士科

視能訓練士科
視能訓練士科

視能訓練士科
視能訓練士科

ランチタイム
ランチタイム

ランチタイム
ランチタイム


平成28年度入学予定者を対象に、プレカレッジを行いました。
看護学科、理学療法士科、作業療法士科、言語聴覚士科、視能訓練士科の各学科に分かれ、プレ講義などを体験してもらいました。早速、各学科の様子をご紹介しましょう!



<看護学科>
華やかなウェルカムボードでお出迎えした看護学科。
クラスメートとなる参加者同士で自己紹介した後、プレ講義を受けてもらいました。

①人間としての「そんげん」
②物質「たいしゃ」
③呼吸音を「ちょうしゅ」する

①~③のカギカッコの言葉、皆さんは漢字で書けるでしょうか?

参加者の方々にはクイズ形式で挑戦してもらい、答え合わせをしながら、看護におけるこれらの言葉についてお話いたしました。



<理学療法士科>
理学療法士科のプレ講義では、体の仕組みや筋肉について学びました。
例えば、頭を支える首について。
悪い姿勢によって、首のまわりの筋肉は硬くなります。
その変化を、実際に自分の首を触って確かめてもらいました。
人体の不思議、学ぶほどに興味が深まりますよ。



<作業療法士科>
作業療法士科では、解剖学の模擬授業を行いました。
骨模型の組み立てです。
もちろん、本物ではありませんよ。
どこの骨か? 正しい向きは? とグループに分かれて考えてもらいました。

実際に体を触って見ながら確認もしました。
骨には1つずつ名前がついていますが、詳しい勉強は、入学した後で。



<言語聴覚士科>
息を吹いてボールが浮いたら5秒キープ・・・とゲームのようですが、これもリハビリの一つです。
こうすると、息を吹く力や微妙な力加減を、視覚化できるんです。
このようなリハビリをプレ講義で体験してもらいながら、病気や事故の後遺症などで話すこと、飲み込むことが困難になった患者さんを支援する言語聴覚士の仕事を紹介しました。



<視能訓練士科>
視能訓練士科ではまず自己紹介をかねて、参加者同士がペアになり、名前や好きな食べ物等を聞き出すインタビューゲームを行いました。

患者さんとの信頼関係を築くにはコミュニケーションスキルはとても大切!
そのため視能訓練士科では、対話力も磨きながら医療人を育成しています。
次に白衣を着用し、視能訓練士の気分を、一足先に味わってもらいました。
清潔感あるりりしい姿、憧れますよね。
参加者の皆さん、よく似合っていましたよ!!



<最後はランチタイム!>
プレ講義の後は学生食堂に移動し、学科ごとにランチタイム!
メニューは学生に人気のオムライス&唐揚げです。
本校自慢の学食は、厨房でスタッフが手作りした出来たての料理を提供していて、おいしいんです。
参加者の皆さんにも、にこにこ笑顔で合格点をいただきましたよ。